割り切り出会い という言葉が意味する事

割り切り出会いを誤解している人がいるようですね。
まず出会い系サイトなどを使うと必ず「割り切り」という言葉を見かける事があると思います。
とくにセフレサイトや不倫サイトではしょっちゅう見かける名前だと思います。

割り切り出会いというのは、セックスをする代わりに報酬を差し上げるという意味です。
家庭があって旦那さん、または嫁さんと生活が上手くいっていない時ってどうしても違う異性に逃げたくなってしまうときがあります。だから付き合うとまではいかず今の期間だけ付き合いたいという場合にも使用される言葉ですね。

あとはセフレです。
相手の情報とか相手が今どこにいて何をしているのか詮索しない。連絡もあまりしない。
こうやってルールを決めて、お互い詮索をすることがない状態でいる関係を割り切りと言われています。

だから出会い系サイトを閲覧しているときに、割り切り関係を希望している人とメールをし始めたら、その人とは恋愛はできないと覚悟して関係をもちましょう!

割り切り出会いの大半は金銭と肉体関係という認識の方が強い

先ほど「割り切り出会い」が持つ2つの意味について説明しましたが、大半の人はお金とセックスのやり取りを意味すると認識しています。
それが、「援助交際」や「逆援助交際」のことですね。
こちらは犯罪ですから、手を出すことはオススメしませんが、一応どんな内容になっているのか説明だけしておきましょう。

まず、出会い系サイトにこういった人たちは出没しています。
そして相手を探して見つける事ができたら、メールで金額や場所、いつ会うかなどを的確に決めていきます。
そのあと2人で会ってまずお金を渡してからセックス開始というのが基本ですね。

でも出会い系サイトで18歳だといっても本当かどうか分かりません。
もしかしたら相手が14歳という中学生かもしれません。
大体、仕事をするようになると援助交際みたいなバカなことに手を出す大人はいません。

興味を持ちだすのは現在だと小学生高学年あたりですかね。
携帯を持たせてもらえるようになって、きっと今の時代はスマートフォンだと思いますからアプリで出会い系サイトに登録して、LINEやカカオなどを使って見ず知らずの方と連絡をとって、親に内緒で援助交際をしているんですよ。
LINEとかは年齢制限がありませんから、どんな子でも携帯さえもっていれば、すぐに登録することができます。

最新記事

  • お金を出してもらってその変わりにエッチなことをする「割り切り出会い」。 男性側はセックスさせてくれた報酬として、女性にお金を支払う必要があります。 そのため、お金を持っていない男性の場合、割り切りを持ちかけたとしてもヤる …

    割り切り出会いの相場の金額や隠語